大阪市西区 サイト内リンクの作り方 デキテル

サイト内リンクの作り方

デキテルの文字にリンクを埋め込む機能を使って、
他のページにリンクを張る方法を説明します。

1/5

(1)リンクを張りたいテキスト部分をクリック

(2)下の鎖に「+」マークが付いたアイコンをクリック

(3)「リンクを登録」をクリック

(4)「内容を更新」をクリック

(5)リンクが埋め込み完了

 リンクの張り方

(1)まずリンクを張りたいテキスト部分をクリックし編集モードにします。

(2)リンクを張りたい部分をマウスで選択し、下の鎖に「+」マークが付いたアイコンをクリックします。
(マウスで触れると「選択範囲にリンクを追加できます」と表示されるアイコンです。)

(3)リンク先入力欄が現れるので、そこにリンク先のファイル名(後述)を入力し、
入力欄の下に現れた「リンクを登録」ボタンをクリックします。

(4)最初の編集モードに戻るので最後に、「内容を更新」ボタンをクリックします。


(5)編集モードが終了しリンクが埋め込まれました。
公開処理をして、実際の公開ページで正しくリンクが動作することを確認して下さい。

1/2

メインページ ファイル名

サブページ ファイル名

 リンク先として登録するファイル名について

各ページのリンク先として登録するためのファイル名を表にまとめます。

公開ページのURLを見て確認することもできます。

 追加ページのファイル名について

追加して増やしていくことのできるページは特定の規則でファイル名が作られます。
ファイル名はどのページに属している、何番目のページなのかで決まります。

例えばその他のページに属する1番目のページの場合、ファイル名は
「other_1.html」となります。

上表を見るとその他のページのファイル名は「other.html」ですが、
これに「_」(アンダースコア)の記号とページの番号「1」の「_1」が加わった形になります。

このルールから車検のページに属する3番目のページだと
「shaken_3.html」がファイル名となることがわかります。

以上です。

This entry was posted inデキテルの使い方by tokuda. Bookmark thepermalink.

今すぐ無料で10ぺージ

  たったの2分でホームページ案が完成

無料期間中、デザインや色は何度でも

自由にカスタムできます。



さっそく無料でスタート

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!